どんなサービスを必要としているか。

社員数が少なく電話取次がすぐに欲しい

会社によって社員の数には大きな違いがあります。人件費に余裕がある会社ならば、人事部、総務部、営業部等さまざまな部署に必要に応じた人員を雇うことができます。しかし、人件費にそれほど費用をかけることができない会社は少ない社員で一人二役をしたり、もっとすごいところは一人三役をこなして回しているのが現状です。そんな会社にとって人を一人雇うのは難しいですが、電話に出てくれて営業にその情報を伝達したりする人が必要な時は電話代行業者にサービスの依頼をしましょう。このようなサービスを必要としている場合は、電話代行はぴったりです。外からかかってきた電話に出てくれるだけではなく、きちんとした電話対応ができますので、会社としても安心です。

営業マンにとって頼もしい存在

電話代行で電話をとってくれるスタッフは、常に電話の仕事を専門としてこなしているので、非常に優れた電話対応を行ってくれます。会社もきちんと電話に出てくれることでその会社の外からの印象はとても良くなります。さらに、電話で営業の方への連絡だった場合は、きちんと先方からの伝言を営業マンに伝えます。これならば、営業マンも安心して外で仕事をすることができます。この電話代行業務は単発で短い期間で契約をすることもできますし、長期間で契約をすることもできます。ですから、その会社にあった使い方ができるので、人件費を無駄にすることがありません。とても便利に利用できるので、少数精鋭で頑張っている会社にはぴったりなサービスです。

電話代行サービスとは、依頼主に代わって電話対応をするサービスのことです。そのサービス内容は2つほどに分かれます。事務所の電話対応と、受注代行・コールセンター代行業務です。