電話代行サービスの流れ

導入に際しての一連の流れ

電話代行サービスを活用する方法ですが、一番初めに電話並びにEメールなどで電話代行会社へと問い合わせを入れることになります。折り返し連絡がありまして、契約の取り交わしの中身を案内してくれることが大半ですから、そのタイミングできちんと中身をチェックします。中身については、個々の電話代行サービス会社により違ってくることが多いので、自分自身が連絡した会社にどういったサービスが実施されているのか確認します。電話代行サービス会社によって、顧客の会社の業務スタイルに見合ったオリジナル性の高いサービスを作っているところもあります。 電話代行サービス会社の案内を聞いて、契約の中身や料金に同意できれば、申し込みということになります。

サービスの開始日以降について

依頼する人の要望にしたがってサービスのスタート日が確定されるのですが、迅速に活用したい場合、その日の内に使用することもできます。 電話代行サービスにおいては、電話の転送サービスを活用してますので、会社の電話番号自体を利用することができ、電話番号変更といったわずらわしい一連の手続きを実施することは不要です。シンプルな設定をするだけですぐに使用できます。 電話代行サービスにおいては、電話転送サービスを活用するため転送に関する機能が必要になりますから、使用する電話において転送に関する機能が内蔵されているかどうかのチェックを行います。電話代行サービス会社により、転送サービスの活用方法などの案内を行ってくれる所もあります。