求めるサービスと価格のバランスは適切か。

定額プラス追加料金で利用できる

電話代行は、顧客対応に専念したい店舗や営業などで社員が外出しがちな企業等が利用すると便利なサービスです。
電話代行業者にサービスを依頼すると、オフィス等にかかってきた電話がコールセンターに転送され、オペレーターが代理応答します。通話内容は折り返しメール等で報告してもらえるので、依頼者は時間に余裕のある時などに事後対応を取ることができるようになります。留守中に大事な電話を取り損なうリスクを減らすとともに、セールス電話などにわずらわされることなく業務に集中できるといったメリットがあります。
電話代行サービスの料金体系は業者によってまちまちですが、おおむね共通しているのは1ヶ月当たりの定額料金プラスコール数に応じた追加料金制というパターンです。

適正な料金水準をチェック

多くの電話代行業者では、月額料金に段階的な区分を設けています。具体的には、1ヶ月のコール数が何件以上何件未満ならいくら、それを超過したら1コールにつき追加でいくら、といった形が一般的です。
こうしたことから、業者に依頼する際は自分あてにかかってくる電話の月当りの平均件数を割り出し、それに見合った料金を比較しながら業者を選ぶのが合理的です。
また、業者の中にはスケジュール登録・時間外アナウンス・携帯電話への通話転送といったオプションサービスを提供しているところがありますが、こうしたサービスが定額料金の範囲内で利用できるところと別途料金が必要なところがあります。そのため、利用する際は単純な料金の高低だけでなく、料金に見合ったサービス内容になっているかどうかにも注目する必要があります。