求めるサービスがきちんと入っているか。

電話対応をアウトソーシング

電話代行はアウトソーシングビジネスの一種で、企業等の電話対応を依頼者に代わって専門のオペレーターが行ってくれます。いわゆる留守番電話的な機能からテレフォンアポイントメントに至るまで、さまざまなメニューが用意されています。
電話代行業者に業務を依頼する時は、当然ながら自分たちのニーズに合ったサービスが提供されているかどうかがポイントとなります。企業等における電話対応といえば、一般にインバウンドとアウトバウンドの2種類があります。このうちインバウンドは相手方からかかってきた問い合わせや仕事の依頼等に対応することをいい、一方のアウトバウンドは自ら電話をかけて販売促進のキャンペーンなどを行うことをいいます。電話代行にあってはこの両者に対応している業者もあれば、どちらか一方のみを扱っている業者もいます。

さらに便利な付帯サービスも

電話代行においてニーズが多いのは、先に掲げた分類で言えばインバウンドの電話対応業務です。オフィス等にかかってきた電話を転送して代理応答してもらい、預かったメッセージを文書にしてメール等で報告してもらうというのが基本的なサービス内容です。
業者の中には、これに加えて付帯的なサービスを提供しているところもあります。事前に依頼者のスケジュールを設定しておいてアポイントを処理してもらうサービス、時間外の電話に対して録音テープで対応するサービス、緊急の電話については依頼者の携帯電話に再転送するサービスなどがその主なところです。
いずれも上手に活用すれば便利なものばかりなので、こうしたサービスがメニューに入っているかどうかも業者選びのポイントとなります。